産業システム
トップページ > 産業システム
産業システム

システム紹介

太陽光発電システム なぜ導入するの?

①身近な収入源になります

2012年7月に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(全量買取制度)」が始まりました。買取価格が固定価格となったことで、太陽光発電システムから10年間、安定した収入が確保されたことになります。(天候の影響は受けます)

オフィスや店舗などのちょっとしたスペースを有効利用することもできますし、遊休地や山林などの土地をMY発電所として開拓することもできます。メガソーラ案件はファンドが立ち上げられるなど、期待が集まる事業の一つとなっています。

②停電・災害時に役立つ備え

2012年7月に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(全量買取制度)」が始まりました。買取価格が固定価格となったことで、太陽光発電システムから10年間、安定した収入が確保されたことになります。(天候の影響は受けます)

オフィスや店舗などのちょっとしたスペースを有効利用することもできますし、遊休地や山林などの土地をMY発電所として開拓することもできます。メガソーラ案件はファンドが立ち上げられるなど、期待が集まる事業の一つとなっています。

③法制度対策と活用のために

①グリーン投資減税が利用できます。

グリーン投資減税とは青色申告書を提出する個人及び法人が、対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合に、取得価額の30%特別償却(一部の対象設備については即時償却)又は7%税額控除(中小企業者等のみ)のいずれかを選択し税制優遇が受けられる制度です。(2013.10現在)

(※詳細は資源エネルギー庁 グリーン投資減税 :http://www.enecho.meti.go.jp/greensite/green/green-outline.htmlをご覧ください。)

②省エネ法対策に利用できます。

太陽光発電によって発電した電気は「エネルギーの使用量(合理化の対象 となるべきエネルギー)」から除外される為、目標達成に有効な手段となります。また、屋上緑化面積の一部を太陽光発電に置き換えが可能です。

※省エネ法についての詳細は、(財)省エネルギーセンター「省エネ法の概要2010/2011」を参照願います。
※屋上緑化面積のカウントに関する基準については、各都道府県のホームページを参照願います。

④環境対策にノンストレスで貢献

簡単に設置できる再生エネルギーのため、大幅な工事や施設をつくらない実用的な温暖化対策です。

他の発電施設と比較してもCO2排出量は圧倒的に少なくなります。

メンテナンスコストもかからず、モニター管理もでき、企業にとってはありあがたい環境対策システムです。

⑤企業の環境への取り組みに貢献できます

企業の環境への取り組みに貢献できます。

環境への取組みを目に見える形で伝えられるため、環境貢献のシンボルとして見学者や地域の方々、取引先など対外的にPRできます。 加えて、ISO 14000ファミリーが支援する環境マネジメントシステム(EMS: Environmental Management Systems)の象徴として、企業姿勢を社会に明示でき、また、従業員の環境意識が向上することで、エネルギーコストの低減が見込めます。

システム図

システム図

モジュール 屋内表示装置 接続箱 パワーコンディショナ キュービクル 電力量計 商用電力 架台
  • モジュール

    カナディアン・ソーラー フォックスコン・テクノロジー・グループ q cells ルクサーソーラ株式会社 トランサンソーラー 東芝

  • パワーコンディショナ

    ABB株式会社 日新電機株式会社 SMA

  • キュービクル

    ABB株式会社

  • モニタリング

    ソーラーログ タイゴエナジー SMA ラプラス

  • 架台

    Mounting Systems GmbH ホリー株式会社 K2システムズ A+ Sun Systems

PAGETOP

  • お問い合わせ